Nint for ECommerceで出来ること

  • 強化すべき商品ジャンルの選定
    楽天・ヤフー対応

    商品ジャンルの売上規模、売上推移、競合商品の販売状況を調査して、勝てる商品ジャンルに注力することができます。

  • 最適な商品価格の選定
    楽天・ヤフー対応

    他社の商品価格動向と販売動向をあわせて把握することで、自社に最適な価格設定を行うことができます。

  • 仕入れ数量の最適化
    楽天・ヤフー対応

    マーケットの規模を具体的に把握することで、客観的な数値情報を元に、無駄のない効率的な仕入れを行えます。

  • 販売に有効な商品名の決定
    楽天・ヤフー対応

    他社ショップの商品変更履歴を見ることでよりユーザーに刺さりやすい商品キーワードや商品名をつけることができます。

  • 競合ショップの広告戦略を分析
    楽天・ヤフー対応

    競合ショップや人気ショップの広告の出し方とその効果を日別で分析し、自社の広告戦略のヒントを得ることができます。

操作画面

効率的なショップ運営に不可欠なデータを毎日更新
楽天市場、ヤフーショッピングを対象に、詳細な商品ジャンル毎の売上トレンド、人気ショップや競合ショップの売上動向や広告戦略、商品単価や商品名の付け方など、ショップ運営に不可欠なデータをダッシュボードで日々確認いただけます。

EC Data Lab

EC Data LabはNintのECデータを元に、ECデータから見える最新の購買トレンド情報を提供します。
楽天、アマゾン、ヤフーショッピングを中心とする国内EC市場のみならず、
天猫国際(Tmall国際)などの中国越境ECの最新購買トレンド情報も提供します。

  • 国内のBtoCのEC市場規模は依然として前年比4~5%程度で右肩上がりの成長を続けており、楽天市場はその伸びを牽引していると言われている。今回は2016年の楽天市場全体の売上推移をデータから俯瞰的に分析する。 ※2016年店舗別売上ランキングの図表凡例に誤植があった為訂正を行いました※ 楽天市場の2016年売上推移 まずは2016年の楽天市場全体の売上推移を見ていく。 楽天市場全体のトレンドとしては、3・6・9・11・12月が前月より売上を伸ばしていることがわかる。前月比で見ると、3月は22.8%増、6月は10.1%増、9月は16.3%増、11月は4.8%増、12月は26.4%増と

  • この記事は4月19日に株式会社翔泳社が運営するECzineに寄稿した記事と同じものです 前回寄稿したバレンタインデー商戦の分析では、チョコレート関連商材がランキングの上位を独占しておりその根強い人気を確認する事ができた。今回はホワイトデー商戦期間における楽天市場のデータを分析し、その傾向と売れ筋商材を解き明かしていく。 楽天市場のチョコレートカテゴリの市場規模 まずは前回の寄稿で発表を予告したデータの解説を行う。このグラフは2015年1月から2017年2月までの楽天市場におけるチョコレートカテゴリの売上規模の推移を表したものである。2017年2月は過去2年の同時期と比べて売上規模が増加し

  • 2016年も中国のEC市場は大きく盛り上がった。その中でも中国人が海外から商品を調達する越境ECモールは大きく成長したと言われている。今回はその中でも中国最大のショッピングモールサイト天猫(Tmall)の越境ECプラットフォームである「天猫国際(Tmall国際)」と、現在急成長中であり、天猫に次ぐ売上を誇るJD.com(ジンドン)の越境ECプラットフォームである「JD Worldwide」の2016年の年間データを分析する。 年間売上高 2016年の両モールの総売上は、Tmall国際がJD Worldwideの約1.5倍となっている。TmallとJD.comではより大きな差がついていると

  • more..

お問い合わせ

サービスに関するお問い合わせはこちらから
  • TEL 0120-170474
  • 受付時間 平日 10:00~19:00